創作活動

シャールと創作活動53

シャール「ところで、具体的にどう書くつもりですか?」 たちき「どう、とは?」 シャール「パソコンで書いてアップするのか、それともいつものブログ更新のように携帯電話で書くのか」 たちき「いや、小説を携帯電話で書くとか無理でしょ」 シャール「そん…

シャールと創作活動52

シャール「例えば、主人公たちの通う学園の他の生徒のとある一日をクローズアップするとか。例えば、学園内の行事に参加する生徒達の様子を書いたりとか。どうでしょう」 たちき「なるほど」 シャール「もしくは、学園に通うとある生徒の悩みと、それを解決…

シャールと創作活動51

シャール「課題曲や練習曲みたいな、作中みんなが必ず歌わないといけないような曲を作っておくとかどうですか?」 たちき「作中に練習曲はあります。数曲といわず、数十曲はあるという設定で。課題曲は考えたことなかったですが、それはいい考えですね。いか…

シャールと創作活動50

たちき「さて、実は昨日の更新の際に、エターナルミュージックデュエットの設定やあらすじや第一章の書きかけのファイルを久しぶりに開いたのですが」 シャール「え、もう書き始めてたんですか?」 たちき「何年も前から書き始めてはいました。ただ止まって…

シャールと創作活動49

たちき「というわけで、あらためてエターナルミュージックデュエット(仮)の登場人物紹介です」 シャール「結局普通の紹介なんですね」 たちき「キャラクターを管理できるアプリも便利だと思いますけど、一人一人を作るのはまだしも比較したりキャラ同士の関…

エターナルミュージックデュエット(仮)

◆登場人物 リズム(男16)金色 舞闘家 舞器(双剣デュアルナイフ) [土]土、光 メロディ(女16)黄色 歌唱者・演奏士 舞具(宝珠フロートアンプ) 楽器(鍵盤キーボード) [炎]炎水土風雷 ノート(女17)青空色 歌唱者・演奏士 舞具(杖クエストステッキ) 楽器(音琴ハープ…

シャールと創作活動48

シャール「今日紹介するのはこちらです!」 たちき「待って待って。昨日までの流れを一応復習すると、キャラクター作成を管理する便利ツールがあるといいねっていう話で」 シャール「そうです。手帳にメモしたりネタ帳にメモしたりパソコンのファイルで管理…

シャールと創作活動47

たちき「そんな感じで第三章の過去話を練っていたところで、さらに一つ問題が」 シャール「またですか? この際だから全部聞きますけど」 たちき「入学したばかりのフラット(男15)やビート(男15)が、いきなりシンフォニー(女19)とパートナーとかそういう話に…

シャールと創作活動46

シャール「第一章は、昨日聞いた通り双子が故郷の村から都会の街へ旅立つお話でしたね」 たちき「そうです。双子の他に、兄弟子のフラットも出てきます。そして第二章。都会の街の学園へ双子より先に入学していた幼なじみペア、ソニックとノートとの再会。さ…

シャールと創作活動45

シャール「ここまでをまとめると、たちきが書こうとしているエターナルミュージックデュエット(仮)は、音楽要素を取り入れた魔法もので、ファンタジー学園もので、各ペアごとの恋愛に重点を置いた群像劇、ということで合ってますか?」 たちき「合ってます」…

シャールと創作活動44

シャール「あら、ほんとに過去記事貼ったんですね」 たちき「発掘してきました」 シャール「貼る貼る詐欺で、結局貼らないままかと思いました。たちきの過去の言動からして」 たちき「う、否定はできませんが……」 シャール「2008年から2015年の間に何があっ…

エターナルミュージックデュエット(仮)

2008-04-15 の記事より一部コピペ ◆タイトル エターナルミュージック(仮) ◆あらすじ 16歳の双子の兄妹、リズムとメロディには母親がいない。二人が幼い頃に病気で亡くなってしまったのだ。だか、ある日突然父親から、母親がまだ生きていることと、しかしある…

シャールと創作活動43

たちき「さて、では前回書いた通り、登場キャラクター8人分をざっと紹介します」 シャール「人数多いから簡潔にお願いします。まずは既存4人の変更点から?」 たちき「と思ったんですけど、よく考えたら変更点を語るには世界観を少し説明しないとなので………

シャールと創作活動42

たちき「その次の段階でキャラを四人増やして八人にした覚えがあります」 シャール「人数に何か理由が?」 たちき「RPGじゃなくて学園ものへ方針転換したと昨日書きましたが、ぎりぎりまだRPG要素を捨てきれなくて」 シャール「わかりました。戦闘に出…

シャールと創作活動41

シャール「ほんとに創作活動再開ですか?」 たちき「どこまで再開できるかはわかんないけど。ぶっちゃけると、手元のメモや旧ブログの内容をこのブログに書き直そうかな、みたいな意味合いもあるし」 シャール「それでもいいですよ。無為な日常を過ごすより…

シャールとRPG創作2

シャール「じゃあ、力を入れていたっていうキャラクターについて聞きましょう」 たちき「とは言ってもここでの紹介は諸事情で簡単に。まず主人公二人は双子の兄妹で、兄は剣士で風使い、RPGでいえば前衛です」 シャール「……力を入れたキャラメイクでその…

シャールとRPG創作

シャール「ついに創作活動を再開するの!?」 たちき「したいけど、まずは自分の中の創作意欲を上昇させようかなと。そのために、どの作品なら再開しやすいかと考えてみた結果」 シャール「タイトルと話の流れからすると、ゲームを創ろうってこと? 小説じゃ…

シャールと新キャラ3

たちき「ブログの過去記事をさかのぼっていたら、驚きの事実が」 シャール「なに?」 たちき「双子の猫の話はまあ覚えてたんだけどね」 シャール「そりゃたちきが作った設定だからね」 たちき「なんか、シャールにも双子の妹がいるっていう設定があったみた…

シャールと新キャラ2

たちき「双子っていうか、双子の猫の話ですよね、懐かしい。そんな設定もありましたね(遠い目)」 シャール「遠い目とかじゃなくて。あの子達を登場させれば毎日のブログ更新が賑やかになるじゃない」 たちき「どんな設定だったかあんまり覚えてないんですよ…

シャールと新キャラ

たちき「なんか最近ネタ切れしてない?」 シャール「ブログジャックに飽きた。毎日更新するのめんどい」 たちき「ならブログジャックをやめてもらっても全然構わないけど」 シャール「そう言われるとジャックしたくなるよね」 たちき「あまのじゃくですね」 …

シャールと動画7

たちき「おとといは微妙なとこで終わっちゃいましたが。これから書くことは個人の感想なので深い意味はないと思ってください」 シャール「意味深な始まり方ね」 たちき「創作活動って、作りたいものを作るのが一番大事だと思うんです」 シャール「まあ、プロ…

シャールと動画4

たちき「こういう動画見てると、自分も作って配信してみたくなります」 シャール「やってみればいいんじゃない?」 たちき「いやいや、動画配信黎明期ならまだしも、今から個人が配信開始するのはハードル高いでしょ」 シャール「収益化を目指そうと思ったら…

ランチパック マーマレード

果物系のジャムが好きなので、ランチパックのブルーベリージャム&マーガリンが大好きなんです。苺ジャム&マーガリンももちろん好きです。 そして昨日初めて、ランチパックのマーマレードを発見&迷わず衝動買いしました。しかもラスト一個だったので。 さ…

地元のイベント

ずいぶん足が遠退いていたんですが、今ふと検索してみたら、年一回の文学フリマがあったり新しくぐんコミなるイベントが始まっていたり、ちょこちょこやってるんですね。 そのかわりおでかけライブは休止してるようです。 そういえば県庁のイベントもまだや…

シャールとじゃがいものがたり4

たちき「ちゃおび186回の提供では、メークインさんとキタアカリちゃんのイラスト付きで採用いただけました」 シャール「ほんとはちゃおびイラストのコーナーにも、『ラジオを収録しているメークインさんとキタアカリちゃん』を送ってたのよね」 たちき「あわ…

シャールとじゃがいものがたり3

たちき「メークインさんとキタアカリちゃんと男爵君の前日譚ですが、びっくりなことに既にプロット9割、本編3割書けました」 シャール「脳内で?」 たちき「いやいや、テキストで」 シャール「いつになく早い執筆速度じゃない」 たちき「ほんとだよね。自…

シャールと始まらない物語・エピソード2反省会

シャール「さて、昨日の物語についてだけど」 たちき「え、この反省会は毎回やるの?」 シャール「当然。前回も言ったけど、書きっぱなしじゃなくて検証してこそでしょ」 たちき「いやそれは文の書き方とかならともかく、シャールがやろうとしてるのは行動に…

シャールと始まらない物語・エピソード2

※この物語はフィクションです。また、続きはありませんのであらかじめご了承ください。 ***** (あの子、今頃なにをしてるんだろうな) そんなことを思いながら、インターネットでふと、昔馴染みの名前を検索してみた。 昔馴染みっていうか、まあ小学校六…

シャールとじゃがいものがたり2

シャール「それはそれとして、先週のちゃおびで採用された物語の続きは書かないの?」 たちき「キタアカリとメークインの裏ぽてシリーズ? あと二回分くらいは書きたいかな。採用していただけるかは別として」 シャール「不採用でも、このブログに書いておけ…

シャールとじゃがいものがたり

シャール「いよいよ投稿する気になったの?」 たちき「いや、前から投稿する気はあったんですよ。書き上がらないだけで」 シャール「今書いてるのは?」 たちき「一年くらい前にプロローグを書いて投稿して以来、続きが壮大なスケールに広がってどう展開させ…