やっと冬用布団出しました

正確には、出してあったけど部屋の片隅に放置してあったのをお布団としてセットして使い始めました。
最近使い始めたぬくぬくパジャマが予想以上に暖かかったから布団は後回し(?)で春&秋仕様くらいの布団でなんとかなっていたんですが、さすがに寒くなってきましたね。


ちなみに日中も冬用のもこもこシューズを使ってみましたが、朝と夜はともかく日中の室内ではちょっと暑いかもという微妙なラインでした。
明日も寒そうなので、いよいよマフラーと耳当ても必要そうですねと自分メモ。

シャールとパスタ25

たちき「今日食べたパスタは新発売の、大盛 ベーコンの旨み! バター醤油スパゲティ、税別462円、税込498円、625kcal」
シャール「さっすがファミマ。相変わらず税込500円以内の絶妙な値段ですね」
たちき「具はたくさんのベーコンとほうれん草。大盛とある通り全体的なボリュームもあり、何より味のアクセントとなるバターがいい味だしてます。そしてシャールの言う通り麺たっぷりでこのお値段。いい仕事してますね」
シャール「ベタ褒めですね」
たちき「実は今日、ファミマに行く前に某コンビニに寄ったんですよ。で、パスタコーナーを眺めてみたら……」
シャール「どうでしたか」
たちき「お昼過ぎだからか、500円以下のパスタはみんな売り切れ。残っていたのは税別500円以上のパスタが2種類」
シャール「ということはつまり……」
たちき「そういうことですよね。パスタって、パスタ屋さんとかで外食するとなかなかのお値段だったりしますけど、やっぱりコンビニパスタに求められてるのは手軽さなんだなと思いました」
シャール「ファミマのパスタは何か残ってました?」
たちき「僕が買ったの以外だと、大盛ミートソース、チキン(?)のジェノベーゼ、ツナとコーンの和パスタとかだったかな。商品名はうろ覚えですが、ぶっちゃけどれもおいしそうでめちゃくちゃ悩みました。もう全部買って食べたいくらい」
シャール「落ち着いてください」
たちき「今日は新発売ということでこのパスタを選びました。でも近々、今書いたパスタは全部食べたいです! やっぱりパスタはファミマですね」
シャール「今日食べたのと似たパスタで、ミニストップの大盛和風醤油パスタと比べるとどうですか」
たちき「あれは確か税別430円でしたよね。肉も少なめだしバターもないけど焼肉風の味付けで麺はたっぷりだし、まあ比べるというよりはあっちはあっちでおいしくてコスパもよくて、こっちはこっちでおいしくてコスパもそこそこという感じで。どちらも値段からすると程よいと思います。しいていえば……」
シャール「言えば?」
たちき「麺の太さでしょうか。ミニストップの和風醤油スパゲティは確か細麺で、今日食べたパスタはもっちり太麺で、似たようなパスタでも全然違うんですよ」
シャール「具体的には?」
たちき「……おいしくてペロッと平らげてしまったので、麺についてはあまり覚えてなくてですね」
シャール「どういうことですか」
たちき「麺についてはまた次回以降で。余談ですが、ファミマは中華まん20円引きセール中だったのでピザまんかチーズカレーまん買おうと思ったら品切れでした」
シャール「今月の初めに食べたじゃないですか」
たちき「値引きセールを見かけるとつい買いたくなってしまうんですよね。今日はおにぎりがいくつか10円引きだったのでそれを利用しました」
シャール「結局パスタ以外も買ってるし。コンビニの戦略にはまってますね」

月末恒例体験版ダウンロード……

のはずが、今月も少ないです。先月同様二本で、うち一本は十年以上前のゲームなのです。


ルーターは現在5GBちょっとなので、とりあえず今日は寝るまでか7GBぎりぎりまでは動画視聴です。石原舞さんのまいたけChのまだ見てない動画を見まくりましょう。

シャールと自転車62

f:id:hanemori:20211125125831j:plain
たちき「さて、昨日に引き続き、おとといのサイクリングの補足です」
シャール「まだ何かあるんですか?」
たちき「実は僕、高所恐怖症なんですよ」
シャール「高いとこが苦手なんですね」
たちき「ぶっちゃけ、橋の上を自転車で走るのがめっちゃ怖いです。特に大きくて長い橋」
シャール「おとといだと坂東大橋とかですか」
たちき「そうです。外側だと下が見えて怖いからなるべく道路側を走りたいんですけど、そうなると車にかなり近いですし。柳瀬橋みたいに車道と歩道が離れてるならまだいいんですけどね」
シャール「自転車下りて歩くとかどうですか」
たちき「してみたんですけど、歩きでも怖いし自転車の倍以上時間かかるんで、それならとっとと走り抜けたほうがましでした」
シャール「今後の課題ですね」
たちき「いや課題も何も……。ちなみに、以前碓氷川を走った時の碓東大橋もなかなか怖かったです。岩倉橋や新鏑川橋くらいならぎりセーフかなと」
シャール「おとといは途中から風も強くなりましたしね」
たちき「それだ。風がなければもう少しましかもです」
シャール「慣れるしかないです」
たちき「慣れ……られるかなあ。あ、橋といえばもう一つ。走ってる時に面白いものを見つけたので写真撮ってみました」

シャール「高橋……って、なにひとさまの家の表札撮ってブログにアップしてるんですか。ダメじゃないですか!」
たちき「いやいや、写真をよく見てください。高橋だけ見ると確かに表札っぽいですけど、その左の手すり(?)とか奥の風景とか」
シャール「表札……じゃない、んですか、これ」
たちき「そうなんです。これは小山川に架かる橋の一つで『高橋』という橋の名前なんですよ。砂田橋みたいな。以前、橋の名前は覚えるかメモるか撮るかしますって宣言したじゃないですか。だから橋を通る時は必ず橋の名前を見るんですけど、最初は『たかはし』ってひらがな名を見つけて思わず二度見して自転車停めて、橋の対角にある漢字名を撮ったわけです」
シャール「高いとこにある橋なんですか?」
たちき「いや、ごく普通の橋でしたよ」
シャール「調べてみると、高橋という橋の名前は全国でもいくつかあるようですね」
たちき「僕もびっくりしましたよ。今後も橋の名前チェックは続けようと思います」

土日は休憩室派で

混んでると思って食堂はずっと避けてましたが、試しに来てみたら思ったほどではなかったと自分メモ。
やっぱりお味噌汁があると落ち着きますね。


シャール「青空ランチは?」
たちき「今は約10度らしいので、日なたで風が吹いてないならワンチャン……。まあ天気と気が向いたらですね」
シャール「去年は12月にホットコーヒー飲みながらランチしてなかった?」
たちき「ありましたね。では今年もホットコーヒーキャンペーンやってたら青空ランチしましょう」

冬コートの出番です

例年14度の季節ですが、本日は朝5度、日中12度の予報ということで冬コートを着てみました。


シャール「そのコートも結構長いのかしら」
たちき「3年……いや4年目かな。まだまだです。長いのはもう一つの冬コート。あちらは多分10年超えてます。そろそろ限界かなと思ってます」
シャール「袖のとことかね」
たちき「お気に入りのロングコートなので、なかなか代わりになりそうなコートがないんです。もうしばらくは使う予定です」

シャールと自転車61

たちき「さて、毎回恒例、昨日のサイクリングの補足です」
シャール「ルート以外のことですね」
たちき「まず今回に限ったことではないのですが、手元のサイクリングの記録メモを見返していたら自分のペースがつかめてきました」
シャール「どのくらいですか」
たちき「目安として、10キロを約45分。これは急がずにいつものペースでサイクリングロードを無風状態で走った場合なので、例えば信号のある道や狭くて蛇行したサイクリングロード、疲れが出てきたあとや向かい風の時はもう少しかかります。逆に音楽かけてテンション上がってる時や、前も後ろも誰もいない広いサイクリングロードで追い風なら10キロ40分でも走れそうです」
シャール「自分のペースを把握しておくのは重要ですね」
たちき「そうすれば、残り15キロなら一時間と少しで着くかな、とかだいたいの到着時刻も予想できますしね」
シャール「必要以上に周りをキョロキョロしなければですが」
たちき「初めて走る道は周りの風景見たいじゃないですか」
シャール「前もしっかり見てくださいね」
たちき「わかってます。次に服装。昨日は自分が自転車で走り始めてからトップクラスに他の自転車とすれ違いまして」
シャール「歩行者も多かったですよね。やっぱり暖かくて風がなかったからでしょうか」
たちき「例年15度この時期にしてはほんと暖かい18度でしたからね。自転車乗りの方々は、ピッチリとしたサイクリング用のウェアを着てる方が多かったんです」
シャール「たちきみたいな普段着で走ってる人はほとんどいませんでしたね」
たちき「だからといって僕もああいう服で、とはならないのですが、長ズボンだとちょっと足元が動かしづらいなのは前から思ってました」
シャール「冬ならともかく、夏とか暖かい時期ならハーフパンツみたいなのでもいいんじゃないですか」
たちき「女の子だったらショートパンツとかスポーツ用の短パンとか、そういうのでもアリかもですよね」
シャール「ジョギング用にスカートみたいなスポーツウェアもありますよね」
たちき「男向けだとハーフパンツくらいしか選択肢がないんでしょうか。もしくはピッチリしたタイプ」
シャール「一応、男子用スポーツウェアの短パンもありますけど、たちきには似合わなそうです」
たちき「わかってます。まあ次に暑くなる時までに再考します」
シャール「次回は上武大橋のさらに先ですか?」
たちき「武蔵大橋というとこが起点になってるようなので、そこまではいつか行ってみたいです。次回は以前探索していた烏川方面の予定ですが、12月はいよいよ寒くなってきますよね」
シャール「寒さよりむしろ風が強いか弱いかのほうが重要だと思います」
たちき「そうですね。無風なら8度でも日なたは暖かいですしね」
シャール「寒さへの備えは大丈夫ですか」
たちき「夜に走るなら手袋が必要ですね。もう少し寒ければ耳当てやマフラーも。ただお店に寄る場合に荷物が増えるから、冬のサイクリングはいろいろ大変かもです」
シャール「今後の課題ですね」

シャールと自転車60

f:id:hanemori:20210608112100j:plain
f:id:hanemori:20211125125135j:plain
f:id:hanemori:20211125131352j:plain
f:id:hanemori:20211125131705j:plain
f:id:hanemori:20211125142030j:plain
f:id:hanemori:20211125164347j:plain
たちき「昨日書いた通り、今日は県外までサイクリングしてきました」
シャール「いい天気でよかったですね。しかも暖かかったですし」
たちき「ほんとです。一日中快晴、スタートは8度、微風でちょっと寒かったからコート着ましたけど、30分漕いだあたりで脱ぎました。そこからは長袖一枚でちょうどいい暖かさで」
シャール「どんなルートだったんですか」
たちき「まずは一枚目の写真の通り、近所の坂東大橋まで」
シャール「近所?」
たちき「近所みたいなもんですよ。全然余裕で行けましたし」
シャール「まあいいですが。以前来た時はここから北に行きましたよね」
たちき「今回は南へ。サイクリングロードから離れて本庄へ。17号を走りつつ気がつけば道の駅おかべ辺りに着いてました」
シャール「途中から歩道がなくてちょっと危なかったですね」
たちき「ほんとですよ。自転車担いで階段下りるはめになりましたし。そこからさらに東へ向かいつつ、今日は上武大橋まで行こうかと」
シャール「あそこまで行くなら深谷駅まで足をのばしてもよかったんじゃないですか。確か、前から行こう行こうとしていた場所ですよね」
たちき「ちょっと考えたんですけど、時間を考えると厳しいかなって思って今回は見送りました。途中で道をちょっと間違えて別のサイクリングロードを通りましたが、ここもなかなかよい道だったのでいつかもう一度走りたいです」
シャール「二枚目の写真ですね。小山川サイクリングロードとあります」
たちき「なんだかんだでなんとか上武大橋に到着。三枚目の写真は上武大橋南端です」
シャール「大きな橋でしたね」
たちき「ああいう橋って作った経緯とか歴史が書いてあるんですけど、あれを読むの好きです」
シャール「わかります。いいですよね」
たちき「そして四枚目の写真の通り、坂東大橋へ戻ります。この道が広くて走りやすくてひたすらまっすぐで、とにかくいい道でした。みんなこういうサイクリングロードにして欲しいです」
シャール「川がゆるやかだからこそじゃないですか。上流のように川が蛇行してるとこはサイクリングロードも蛇行してしまうのもしかたない気もしますが」
たちき「川から少し離れたとこに土手&サイクリングロードを通すとか」
シャール「川が見えないサイクリングロードでもいいんですか?」
たちき「そう言われると難しいですけど……。さておき、坂東大橋に戻ったら橋を渡って橋の北端から今度は東へ」
シャール「まだ行ったことないサイクリングロードですね」
たちき「高崎伊勢崎自転車道です。五枚目の写真で広瀬川利根川が合流して、ここからは北へ。広瀬川サイクリングロードになります。そしてここからがきつかったです」
シャール「急に風が強くなりましたよね」
たちき「しかも北西または西からの風だからほぼ向かい風です。めっちゃきつかったですね。途中からは音楽を流してテンション上げつつ、駒形付近で桃の木川サイクリングロードへ乗り換えてさらに北西へ。最終的に六枚目の写真あたりでサイクリングロードは途切れてその先は一般道を走るようなので、とりあえず今回はこれをゴールにしました」
シャール「なかなかの走行時間ですね」
たちき「休憩除くと約370分乗ってたことになるようです。自己最多ですが、最後のほうはさすがに足が疲れました」
シャール「以前は約4時間でもっと疲れてましたから、だいぶ成長したんじゃないですか」
たちき「そう言われるとそうですね。スピードにはこだわってないし基本的にのんびり走る派ですが、いつかまた同じルートを走ってもう少し早く回ってこれるようになりたいです」
シャール「それよりせっかくの遠出サイクリングならもっと観光してもいいんじゃないですか」
たちき「同じルートに二回目行く時はそうしましょう」