シャールと体験版4

たちき「斬新だと思った体験版その1、体験版にヒロイン1ルートがまるっと入っている」
シャール「斬新! え、それってガチで1ルート分入ってるの? クライマックス手前までとかじゃなくて?」
たちき「入ってました。あれは良し悪しでしたね。1ルート分やればゲーム全体の雰囲気も流れも容量もだいたいわかっちゃうし、それこそそれで満足しちゃうか飽きちゃえば製品版を買わないユーザーも出てくるし」
シャール「それはメーカーさんも大冒険だね。ちゃんと売れたのか気になるけど」
たちき「そのメーカーさん、その作品を最後に新作は出ていません」
シャール「…………ほ、他に斬新な体験版は?」
たちき「では斬新な体験版その2。体験版が、製品版の序盤や一部を収録したものではなく、体験版用のシナリオが書き下ろされて収録されている」
シャール「斬新というか、メーカーさんすごい!」
たちき「あれはすごいですよ。テキストも音声も本編とは別で作ってるわけですから。しかもその作品、ゲーム内に敵とのバトルもあるんだけど、バトルの理由(?)もなんだかんだとうまく体験版シナリオ作って詰め込まれてるし。体験版のラスボスはこちらのメンバーがランダムで決まるから、毎回新鮮なプレイが楽しめて今でもたまにやりたくなりますし」
シャール「体験版じゃなくて本編をやってあげて!」
たちき「次は、斬新というか珍しいタイプの体験版です。体験版が出たあと、体験版その2とかはよくあるんですけど」
シャール「(中略)シーンが追加されたりするのよね」
たちき「体験版が出たあと、体験版その2が出てさらに体験版その3が出て、新しく出るたびにプレイできるとこが長くなっていった体験版がありました」
シャール「それって何か意味があるの?」
たちき「どうなんでしょう。その頃はゲーム初心者だったからよくわからなかったです。ゲームのテーマがファンタジーバトル学園もので、火とか水とか風とか光とかの属性があって個人的には好きでした」
シャール「話がそれるけど、そのてのファンタジー作品はなんでメインヒロインは赤髪で炎使いなのかしらね」
たちき「ほんとに関係ない話にそれたね。今はその話はおいときましょう」
シャール「いつかファンタジートークあたりで語ってね」
たちき「覚えていたら。さてあとは斬新な体験版その4、体験版というよりキャラクター紹介と抜粋エピソード紹介的な内容の体験版」
シャール「あ、それは知ってるかも。キャラクターがふきだしでしゃべる作品じゃない?」
たちき「そうそれ。あれは面白かった。ライターさん天才かと思いつつスクリプトさんがめっちゃ大変なやつですよね。さらに声優陣が超豪華なのに声優非公開という、今でもまたプレイしたい体験版ですよ」
シャール「だから体験版じゃなくて本編をね!」
たちき「斬新な体験版その5、ヒロインの陣営の数に体験版が分かれている」
シャール「いくつ?」
たちき「3つ」
シャール「それももしかして結構懐かしい作品?」
たちき「結構前のゲームですね。こう振り返ると、今より昔のほうが斬新な体験版多かったのかもですね」

シャールと体験版3

シャール「じゃあ作品名は出さなくてもいいから、たちきが体験版に求めるものとかこういう体験版がよかったってのはある?」
たちき「OPは入れて欲しいです。体験版やってOPムービーが流れて終了とか、個人的に嬉しいですね」
シャール「体験版にOPまで入れちゃうと、たちきみたいに体験版だけで満足しちゃう人が出てきちゃうんじゃない? ていうかOPはたいていゲームの公式サイトで見れるでしょ」
たちき「そうですね。特典とかも見て欲しいから公式サイトへ誘導するわけです。そういう意味ではシャールの言う通り、体験版がキリのいいとこまで収録されててOPムービーまで入っていると、それだけで満足しちゃう人は僕以外にもいそうな気がします。だけどそれでも、OPムービーは体験版に入れてほしいです。体験版でというかゲーム内の演出や流れでOPムービーが流れるのは、公式サイトでOPムービーだけ見るのとはまたちがった趣があるんですよ」
シャール「言いたいことはわかるけど、だからこそその演出は製品版で見てねってことでしょ。共通ルートの盛り上がりがクライマックスになってからのOPムービーとかの場合は特に」
たちき「某ゲームとか某ゲームの体験版のOPの挿入位置と演出がめっちゃよかったのを思い出しました」
シャール「なんのゲーム?」
たちき「それはさておき」
シャール「やっぱり作品名は出さないんだ。じゃあ体験版によくある『体験版をプレイしてくれてありがとう』的な新録ボイスは?」
たちき「体験版の初めと終わりにあるやつですね。僕はあってもなくてもどちらでも構わないのですが、声優さんのギャラが増えるならあったほうがいいかな」
シャール「客目線じゃないんだ……」
たちき「作風にもよるよね。ノリのいい作品ならアリかもだけどシリアス系のゲームには合わないですし」
シャール「具体例がありそうな感想だね、それ」
たちき「それもさておき」
シャール「今日、さておきすぎじゃない? じゃあ今までプレイした体験版で、他とは違う斬新な体験版とかはある?」
たちき「ありますが、続きは次回」
シャール「気になる終わらせ方しないで!」
たちき「体験版トークですからね(謎)。続きを意識させるテキストが重要なんです」

昨日の夢は盛りだくさんでした

夕飯のあとに読書してたら眠くなって寝オチしていて気付いたら深夜0時を越えていて、そんな時間に起きてもしかたないとあらためてお布団入ったら案の定深い眠りにつけなくて、今朝起きるまでに途中で二回目覚めて、目がさめるたびに違う内容の夢を見てトータル三つの夢を一晩でみたアカウントがこちらです。


しかも、一つ一つの内容を一晩経ってもまだ覚えているという珍しいタイプの夢です。


一つ目はスノボで、自分がしてるんじゃなくてスノボしてる人を客観的に斜め前(スノボしてる人からすると右斜め前)から見てるんですが、視点からすると自分はどうに(後ろ向きに?)滑ってるのかそれとも飛んでるのか、そもそもなぜこの時期にスノボの夢なのか、さらにいうとわたくしスノボできないんですが(汗)


一つ目から謎感満載でしたが、二つ目も謎多き夢です。
僕がなぜが一階建ての一軒家に(多分)引っ越すとこから始まって、玄関入って中を見たら家具がほとんどない(少しあったから新築ではないのかも?)空間で、めっっっちゃ広くてきれいな和風(といっても畳部屋や欄間はない)かつフローリングの造りで、玄関の向こうは(一階建てなのに)二階(?)まで吹き抜けと二階テラスらしき場所が見えて、右の大部屋(20畳くらい)は真ん中に囲炉裏(?)だか火燵(?)だか未知の暖房(?)らしきものがあって、その向こうの部屋はよく覚えてないけどさらに向こうにトイレとかお風呂とか水回りがあった気がするから多分脱衣所や洗濯機を置く部屋(横長で12畳くらい)があって、大部屋の左には(造り的に多分)ダイニングキッチンがあってその部屋はちょっと覚えてなくて、玄関前に戻ったら吹き抜けと思われた部屋は実は屋根がなくて(さっきまでは透明な屋根があって曇り空が見えていた)という謎空間で……というあたりまで覚えてます。さらに最後は遊びにきてくれたと思われる友
人が数人登場しました。しかし実は引っ越し前の内覧(?)だったのか、ほとんど家具がないのはなぜだったのか……。でも意識としては「今度からこの家に住むのか」でした。めっちゃ広い家に一人で(笑)
寝る前に、ポストに入っていた新築マンションの間取り図を見ていたのが関係あるかもしれません。実はおうちの間取り図見るの好きなんです。ちなみにその家の周りは畑で少し離れたとこに小さな工場(?)が見えるようなのんびり田舎な立地でした。


三つ目の夢はどう表現すればいいのか……とりあえず単語で表すと、女子校(名前は地元の女子校)・文化祭・女子校が3つ(←ここが意味不明)・蛙……からの蛇の刷り込み(←ここも意味不明)
文化祭だけあって登場人物もモブキャラ多めでしたけど、そもそもあの木の廊下はどこなんだと……そして廊下の入口(?)がなんでああ繋がってるのかと……あ、あそこは学校じゃなくていくつかの学校が集まって和風旅館を貸し切って文化祭してるなら納得できる、かも?
いやいやいや、どちらにしても謎なんですけどね。


一晩で夢三つはなかなかない体験で面白かったです。一軒家に住むのは文字通り夢なので、いつか正夢になるといいですね。


シャール「正夢になったら、広い家に一人でしょ」
たちき「誰にも迷惑かけない暮らし、いいですよね」

シャールと自転車39

たちき「さて、昨日のサイクリングについて二点追記しておきたいことがあります。いいですか?」
シャール「なんですか、あらたまって」
たちき「一つは、危うく車にひかれそうになったこと」
シャール「そうなんですか? 大丈夫でしたか」
たちき「まあ車にぶつかられたわけではないです」
シャール「原因は? まさかたちきが悪いんじゃないですよね」
たちき「状況を説明する前に補足ですが、自転車に乗り始めてから約五ヶ月。基本的に人も自転車も車も少ない道は時間を選んで乗ってきました。朝と夕方は乗らずに日中サイクリングで、通るのはサイクリングロードかたんぼの中を走る田舎の国道の歩道で自転車専用道もある道ばかり」
シャール「どちらも自転車がメインの道ですね」
たちき「ところが昨日は、交通量がそこそこ多い夕方の県道を走っていたんです。基本的に自転車は左側通行だから道の左側を走るのですが、目的地が道の右側にあったから一つ前の信号で右側へ渡ってしばらく走っていたら……」
シャール「右の道から車が出てきた、とかですか?」
たちき「そうです。僕からはその車が見えてましたし、こちらも立ち漕ぎをして自転車いますよアピールをしたのですが、その車の運転手は右の道から県道へ左折するにあたって、右しか見てないようで、左から来る自転車、つまり僕のほうは見てないみたいでした。しかも一時停止をほぼしないで左折しようとした瞬間、僕が車の前を横切った感じです」
シャール「ほんと危ないじゃないですか」
たちき「止まってもよかったんですけど、交差への進入と優先度はこちら側ですから。とはいえ、もしぶつかっていたらこちらは県道まで転がっていたでしょうから、相手が悪いといってもケガするのはこちら。次回同じような状況になったら止まるつもりです」
シャール「そうしてください。聞いてる限り、かなり危なかったんですね。何事もなくてよかったです」
たちき「次回はサイクリングロードとか車の来ない、または車の少ない道を走る予定ですが、自転車は常に車と隣り合わせで走っているという危機感を改めて感じた出来事でした」
シャール「ちなみに、逆の立場の場合、たちきはちゃんと右も左も見てますか?」
たちき「もちろんです。慎重すぎと言われるくらい、左見て右見て左見て右見てます」
シャール「見すぎじゃないですか?」
たちき「車の運転は慎重すぎるくらいでいいんです」
シャール「まあそうですね。それで、もう一つはなんですか」
たちき「遠目だったし一瞬だったのですが、初めて自分と同じ自転車乗ってる人を見かけました」
シャール「すぐにわかるんですか、自転車」
たちき「僕の自転車はかごが特徴的なので。もしかしたら同じ自転車じゃないかもですけど、少なくともカゴは同じでした」
シャール「確かに珍しいタイプの形ですよね、あのカゴ」
たちき「いや〜、仲間意識というか、ちょっと嬉しかったですね」

シャールと自転車38

シャール「結局今日は昼過ぎまでおうちでダラダラしてましたよね。サイクリングはどうしたんですか。行くなら9時から15時って言ってましたよね」
たちき「意志の弱さで午前中にスタートできなくて……」
シャール「行かなかったんですね」
たちき「と思うじゃないですか。安心してください。ちゃんとサイクリング行ってきました!」
シャール「それはよかったです。今日はどんなルートだったんですか?」
たちき「前フリから話すと、実は昨日の夜も夜サイクリングに行こうと思ってたんですよ」
シャール「そうだったんですか?」
たちき「昨日の記事書いてすぐ自転車乗ろうとしたんですが、以前のようにタイヤが……」
シャール「また空気が抜けてたんですね」
たちき「なので、夜サイクリングはあきらめたんです。代わりに、今日のサイクリングはまず例のショッピングモールに行って空気入れようかと」
シャール「確か、近所のショッピングモールの駐車場の片隅に無料の電動空気入れがあるんでしたっけ」
たちき「それです。今日はまずそれで空気入れてからサイクリングを開始しました。昨日書いた通りまず南へ、そして東へ」
シャール「思っていたより小回りでしたね」
たちき「そうですね。僕ももう少し大回りしようかと思いましたけど、それでも約2時間のサイクリングです。久しぶりだから2時間くらいにしておこうかなと」
シャール「次回はもう少し大回りの予定ですか?」
たちき「次回はまたサイクリングロードを考えてます。ちなみに今回は25度、曇り、弱風のめっちゃ快適なサイクリング日和でした。服も半袖Tシャツで、思い切ってアームカバーもなしで。一応持ってはいきましたけど」
シャール「カバンがちょっと重そうでしたね」
たちき「着替えとパンと飲み物とオーディオも入ってましたからね。まあオーディオは夜サイクリングの時だけかな。日中のサイクリングでオーディオは使わないかもです」
シャール「夕方は自転車多かったですか?」
たちき「走り出したのは14時くらいで、15時半くらいまでは自転車とはすれ違わなかったですね。夕方になる前に、通り掛かった某お店に寄って時間つぶして、今度は19時半くらいからサイクリング再開、そして帰宅」
シャール「寄り道長くないですか」
たちき「長くて、帰り際に雨がぱらっと降ってきて失敗しました。今日は遅くなればなるほど雨の確率高かったのわかってたのに……」
シャール「濡れたんですか?」
たちき「幸い、ほんとにぱらっとだったし帰宅直前だったから大丈夫でした」
シャール「次のサイクリングの予定は決まってます?」
たちき「次の休みも乗りたいですが、天気次第ですね」
シャール「雨降ったらサイクリングもハイキングも行けませんしね」
たちき「いい天気というか、曇りが理想です。でも雨が降るような曇りは困ります」

シャールと自転車37

たちき「明日はサイクリング明日はサイクリング明日はサイクリング……」
シャール「さっきから何をぶつぶつ言ってるんですか?」
たちき「だって、八月は結局まともにサイクリング行けなくて、夜のサイクリングが二回だけ、しかも二回とも途中で引き返してきましたし」
シャール「そんなこともありましたね」
たちき「まともなサイクリングは七月のダムドライブの時か、家から出発というサイクリングはなんと六月下旬にしたっきりですよ」
シャール「月四回サイクリング目標とはなんだったのか……。まあ七月八月は暑さと雨で、サイクリングに向かない季節ではありましたよね」
たちき「そしてやっと涼しく(?)なってきた今日この頃。明日は曇りで27度予報。これはサイクリング日和でしょう」
シャール「確かにそうですね。むしろ明日を逃したら次はいついけるんでしょうか」
たちき「だから明日はサイクリングに行けるように、自分に暗示をかけていたのです」
シャール「それって、暗示をかけないとサイクリングに行かないっていうくらい意志が弱いってことですよね」
たちき「ぎくっ」
シャール「朝起きて二度寝したり、結局家から出ないでゲームしたり」
たちき「ぎくぎくっ」
シャール「まあたちきクオリティですしね」
たちき「いやいやいや、ちゃんと行きますよ。ええ、行きますとも」
シャール「宣言したことで余計あやしさが増しました」
たちき「どうしろと!?」
シャール「目的地を決めておいたほうがいいんじゃないですか」
たちき「なんとなくは決まってます。とりあえず南へ、からの東へ」
シャール「漠然としてますね」
たちき「走り出しさえすればなんとかなるんですよ。意志の弱さはスタートできるかどうかなんで」
シャール「やっぱり意志弱いんじゃないですか」
たちき「しまった、墓穴った。ただ、明日の曇りという天気予報は、夜から雨になりそうで微妙なんですよね」
シャール「夜までサイクリングするつもりですか?」
たちき「いや、サイクリングするなら9時から15時の間で2〜3時間くらいの予定ですけど」
シャール「ならいいじゃないですか。明日の朝、たちきがサイクリングに行くかどうか楽しみにしてます」
たちき「だだだ大丈夫ですよですよ」

シャールとコーヒー16

シャール「昨日書いた、ジョージアの赤タブ缶の続報です」
たちき「当たりが出たらもう一本なんですよね?」
シャール「いえ、今年は去年とはキャンペーン内容が違うようです」
たちき「赤タブをめくっても当たりは出ないとか?」
シャール「そうみたいです。さっきネットでキャンペーンページを見てみたら、赤タブ裏のシリアルコードをキャンペーンサイトから入力すると、当たる……かも、と」
たちき「つまり、赤タブめくって抽選に参加できるってことですか?」
シャール「そうですね。当たればアプリで引き換えチケットが発行されるみたいです」
たちき「ちょっと面倒な手順ですね」
シャール「去年に比べると確かに少し微妙なキャンペーンに感じますね」
たちき「つまり、赤タブ裏に当たりが出たから職場で気になる女の子に『当たりが出たからよかったらコレあげるよ。休憩時間にコーヒー飲んでひといきついてね♪』『え、なんですかソレ。当たり缶? 面白いですね。もらっていいんですか? ありがとうございます〜♪』みたいなプレゼント作戦はできないということですね」
シャール「なんですか今のキモい妄想のやり取りは」
たちき「そういう会話のきっかけになりそうじゃないですか、当たり缶」
シャール「普通に買って、よかったらどうぞじゃダメなんですか?」
たちき「それじゃつまんないし、受け取ってくれないかもですし。当たり缶というワクワク感とエンタメ性が楽しかったんですよ」
シャール「言いたいことはわからなくもないですけど。え、まさか去年実際にやったんですか、今の会話」
たちき「してないです。勇気が出ませんでした」
シャール「しようとはしたんですね……」
たちき「しかも今回のダブルチャンスで何かのポイントが貯まるわけでもないし、やっぱり去年より微妙ですね」
シャール「代わりに今回は、抽選はずれてもツイッターかラインでダブルチャンスもあるみたいですよ」
たちき「へー」
シャール「……まあ、ツイッターもラインもやってないたちきには関係のないダブルチャンスでしたね」
たちき「それを言ったらそもそもスマホ持ってない僕には関係ないキャンペーンなんですけどね」
シャール「残念ですね」
たちき「昨日はジョージア箱買いすると書きましたが、逆にキャンペーン終わるまでは買うのを控えましょう。僕が買っても入力されないコードが増えて申し訳ないので」
シャール「となると、しばらくはBOSSですか?」
たちき「レインボーマウンテンが好きです!」

シャールとコーヒー15

シャール「去年の秋から冬にやっていた、ジョージアのキャンペーン覚えてますか?」
たちき「赤いプルタブの当たり缶ですか?」
シャール「そうです。今年もまたやるみたいですね」
たちき「まじですか」
シャール「というか、数日前から開始したみたいです」
たちき「ではまた買わないとですね。ホームセンターかスーパーかドラッグストアに行った時に箱買いしてきます」
シャール「去年、結局何本当たったか覚えてます?」
たちき「覚えてますよ。5本当たりました」
シャール「ちゃんと全部交換しました?」
たちき「……実は最後の一本は間に合わなくて、交換期限過ぎてたんですよね」
シャール「そういえば、キャンペーン終了ぎりぎりに一箱買ってましたね」
たちき「さすがに飲み切らなくて。あ、でもその当たり缶は記念にとってありますよ」
シャール「なんでですか」
たちき「英数字入力したら交換できるのかな、去年の当たり缶」
シャール「いやダメでしょう。結果が気になるけど、それはやっちゃダメでしょう」
たちき「残念……」

シャールとポイント6

たちき「昨日、auからこんなメールが届きました」


ポイント有効期限のお知らせ
いつもPontaポイントをご利用いただきありがとうございます。
2021年08月31日時点でのお客様のポイント情報をお知らせします。

保有ポイント情報
■ 利用可能ポイント数
000000000001800P
詳しいポイント情報はこちら
ポイントの有効期限
Ponta ポイント
 年月日まで  P

au WALLET ポイント
 2021年09月30日まで 
000000000000050P

※1か月以内に失効するポイントが0Pの場合、「年月日」および「P」が空白表示となります。

ポイント有効期限の延長には、ポイントの付与、もしくは利用が必要です。
※マンスリーポイント、長期優待ポイント等は、ポイント進呈後の有効期限延長はありません。


▼ ポイントのおトクなつかい方の例
au PAY 残高にチャージ
au PAY 残高にチャージして、au PAY プリペイドカードやau PAY(コード支払い)で毎日のお買い物にご利用いただけます。
au PAY 残高チャージ詳細はこちら

● 機種変更、周辺機器の購入に利用
機種変更、周辺機器購入時にポイントを充当して購入すること

<メールサイズが大きいためこれ以上は受信できませんでした>


シャール「たちき、ポンタやってたの?」
たちき「いや、やってないです。ていうかポンタってドコモを契約してる人向けじゃなかったっけ」
シャール「私に聞かれても」
たちき「今調べてみたら、2020年5月からauもポンタになったみたいですね。知らなかった」
シャール「auは、au WALLETからのau PAYになったんじゃなかった?」
たちき「そんな覚えがあります。が、僕はau WALLETもやってないのでうろ覚えです」
シャール「auのポイント、何ももらってないの?」
たちき「実はもらってないです」
シャール「もったいない」
たちき「よく言われます。まあポイントあっても僕はガラケーだし。スマホじゃないと多分使えないし」
シャール「au PAYとかでバーコード決済使うならスマホ必要かもだけど、au WALLETならガラケーでも貯まるんじゃない?」
たちき「そのあたり詳しくないからわかんないですけど、上にコピペした記事からすると保有WALLETが50ポイントとありますね」
シャール「やっぱり貯まってるんだ」
たちき「むしろPontaの1800ポイントが気になります。どう使うんでしょう」
シャール「それも上に書いてあるじゃない。au PAYにチャージするとか、機種変更の時の端末代に使えるとか」
たちき「au PAYへのチャージはともかく、機種変更の端末代はありかもですね。まあ次の機種変更は2022年3月以降なので、それまでにポイントの有効期限が切れなければですけど」
シャール「1800ポイントはなかなかだよ」
たちき「なんて言いながら、多分使わずに失効するに一票」
シャール「私もそれに一票」

シャールとマクドナルド9

たちき「久しぶりにマックに行ってきました」
シャール「前回言ってた、S&B(スクラップアンドビルド)の懐かしいお店に行ってきたん?」
たちき「いえ、今日はお買い物に行くお店までの道のり沿いにちょうどあった別のマックです。家からわりと近いしよく通るけど、寄ったのは片手で足りるくらいかな」
シャール「遠回りしなくて済んだならええんやないの」
たちき「ぶっちゃけ、道からの入口が微妙でめっちゃ寄りづらかったですけどね。一回通りすぎてぐるっと回って寄り直しましたし」
シャール「なんでやねん」
たちき「アイドルタイムだったからか、ドライブスルーが混んでないのはラッキーでした。二台待ちくらいで」
シャール「時間によってはめっちゃ混んどるしな」
たちき「ちなみに今日は、広告のクーポン券の期限が今日までだったのでなんとなく行きたくなったから行きました」
シャール「今日まで、とか三日間限定、とかに、日本人は弱いんよね」
たちき「まんまと戦略にはまってしまいました。そういえばマックのドライブスルーで一つ小話を思い出したのですが」
シャール「なんやの?」
たちき「昔、創作活動で知り合ったお姉さんが車の運転苦手な方で、いつかマクドナルドのドライブスルーに一人で行って注文したいって言ってたのを思い出しました」
シャール「一人で行けたん?」
たちき「どうなんでしょうね。最近連絡とってないのでわかりません。うちの地域は都会と違って電車もバスも少なくて、車がないと生活できないとまで言われるくらい車社会な土地なので……車に乗ってれば慣れるし、ドライブスルーもいつの間にか行けてると思うんですけどね。負けず嫌いかつ頑張り屋さんな方なので」
シャール「聞いてみたらまたブログのネタになるんやない?」
たちき「いやむしろ、名前を出してないとはいえ、勝手に私をネタにしてんじゃねーよ、くらい言われそうです」
シャール「その人がこの記事見てなければ問題ないやろ」
たちき「そう思いたいです。万が一見ていたら……先に謝っておきます。ネタにしてすみませんでしたm(_ _)m」