シャールと格闘ゲーム18

シャール「某ローゼンメイデンという作品も、Xのようにサイキックフォース流用でゲーム化したらしいけど?」
たちき「それはやったことないんです。ローゼンメイデンはアニメ見てたので、どんなキャラクターとかは一応覚えてますけど。確かに対戦ゲームとの相性よさ気な内容だとは思いますが、それにしてもなぜこの作品を格ゲーにした? みたいのはたまにありますよね、いい意味でも悪い意味でも。ローゼンメイデンに限らず他の作品でもですが」
シャール「たちき的には?」
たちき「ちょっとやってみたい気はします。でも作り手の意図がわからないというか、誰をターゲットにしたゲームなのか謎なんですよね」
シャール「どういうこと?」
たちき「Xの格ゲーもですけど、格ゲーユーザー向けに作ったのかXの視聴者向けに作ったのか。僕みたいに、サイキックフォース2012のヘビーユーザーでXが大好きというファンにとっては楽しかったし新しい技も新鮮だし、結構楽しめたんですよ。でも周りに同じユーザーがいなかったから対戦が一回もできなかったんです」
シャール「それは残念」
たちき「サイキ(以下略)のヘビーユーザーはいても、Xを知らない興味ないっていう人はあの格ゲーやらないし、そもそもXのファンてあの頃は女性が多かったような……まあサイキ(以下略)も女性ユーザーは結構いたけど、両方好きな人がどれだけいたのか」
シャール「だからあんまりXの格ゲーは評判よくなかった?」
たちき「そのあたりはよくわかんないですけど、評判がよかったからそのあとローゼンメイデンの格ゲーをサイキ(以下略)流用で出したのか、それとも……」
シャール「難しいね。私ならいっそ、サイキックフォース2012の新装版を出すときに、Xやローゼンメイデンのキャラも追加したバージョンも出すけど」
たちき「すごいこと考えますね。サイキ(以下略)原作ユーザーからは叩かれそうだけど、確かに面白そう」
シャール「アイディアは出した者勝ちなのよ」
たちき「あとは実践できるかどうかですね……(謎)」