シャールと佰物語・合格発表

たちき「まあ無事に本命に受かったんだけどさ。発表当日は確か父親に車で連れていってもらった覚えがある」
シャール「発表は中学卒業式の翌日だったっけ」
たちき「そうそう。で、合否の結果を担任に報告に行くから、昨日しんみり別れたクラスメイトとまたすぐ会うことになるわけで」
シャール「一人だけ落ちてたりすると気まずいわね」
たちき「幸い、うちのクラスは全員本命合格だったよ」
シャール「それはすごい」
たちき「各教室で、一人ずつ適当な順番で先生に報告するんだけど、なんだかんだ僕が最後だった」
シャール「最後まで教室に残っていたかったとか? 昔からそういうとこはセンチメンタルよね、たちきは」
たちき「まあ、否定はしませんよ。あわよくば気になってたあの子と、みたいな感情も、今思い返してみるとないとは言い切れないし」
シャール「詳しく!」
たちき「それは別の機会で」
シャール「けち。ちなみに本命以外の結果は?」
たちき「A判定や特待や、まあ全部問題なく受かってましたよ」

夏用のお洋服(意味深)などが

先月末(https://hanemori.hatenadiary.jp/20190625 )に続き、本日はセールやっていたのでさらにいくつかお買い物してきました。これでしばらく夏物は間に合います。
ちなみにレジ袋5円の反省を活かしてあらかじめレジ袋いりませんていったんですが、セール中はレジ袋無料とのことで、それならくださいというやり取りがありました。と自分メモ。

シャールと佰物語・入学試験

シャール「入学試験のことって、何か覚えてることあるの?」
たちき「小学校と中学校は近所の普通の公立だったから、初めての入学試験は高校受験てことになるけど。うちの地域は本命は公立で、私立は滑り止めっていうのが一般的だったんだよね」
シャール「たちきも?」
たちき「もちろん。だから三月が本番で、十二月や一月に一応私立を受けて、みたいな流れだったかな。私立は三つ受けた気がするけど……いやもしかしたら二つだったかな」
シャール「なんでそこが曖昧なのよ」
たちき「ちなみに十二月に受けた私立の学校はクラスで七人くらいしか受けなくて、他の二十人以上は別の日に別のとこを受けにいってて。だからその日は一日中、七人で授業を受ける日があったんだけど」
シャール「それ授業にならないでしょ」
たちき「うん。だからほとんど自習で、給食食べ放題だったのはよく覚えてる。残った七人に謎の連帯感というか結束があったよね」
シャール「試験当日は?」
たちき「塾の先生が応援にきてくれてたんだけど、今思うと高校の敷地内になんで入れたんだろ。毎年恒例だったのかな」
シャール「無事、本命に受かったの?」
たちき「それはまた明日」

昨日はちゃおびがお休みだったので

そういえば先週のボーダーブレイクのボ#15を聞いてなかったなと気付き、ゆうべはゆっくり視聴してました。


プレイしたことがないから詳しくは知らないのですが、このゲームの機体(兵装?)には「遊撃」「支援」「重火力」「強襲」という4種類があるようで、まあ名前からだいたいの性能はわかるかと思います。
放送では遊撃と支援についていろいろ勉強できましたが、とりあえず3つめの対戦は面白かったですよね(笑)。生放送だからでしょうけど、みんな室長さんに突撃してくる感じが(笑)。ただでさえ大変そうな支援機体が、逃げきれないし撃破されるしと。でも結果的に番組的には面白くなってましたよね(笑)


ちなみに、もしわたくしがこのゲームをプレイするとしたら、メイン兵装を何にするかですが。面白そうなのは遊撃ですかね。でもあの動画見てたら支援も楽しそうだなと思いました。

シャールと今後の方針3

シャール「さてさて、四季シリーズで四日語ってみたけど、どう? もっと続けられそう?」
たちき「どんとこいです」
シャール「でも天候の話題が中心かと思ったのに、夏だけアウトドアの話だったり秋だけ星座の話だったり、統一感があまりなかったわよね」
たちき「失礼な、ありましたよ統一感。ちゃんと毎回四神や五行の話をしたじゃないですか」
シャール「いやいや、誰が四神について語れと。季節とまったく関係なくはないけど、それをメインに語るのはおかしいでしょ」
たちき「そうですかね?」
シャール「この流れだと、例え佰物語を始めてもあっちこっち話題が飛んで収拾がつかなくなりそう」
たちき「それはそれでありではないですか。あの佰物語だってだいたいそんな感じですし」
シャール「そうかもしれないけど。じゃあつまり、明日からほんとに開始でいいのね? 一度始めたら途中でやめられないわよ?」
たちき「…………どんとこいです」
シャール「なによ、その間(ま)は。不安なの?」
たちき「まあ、まずはやってみて、とりあえず十物語くらいを目指してですね」
シャール「始まる前からハードル下げてんじゃないわよ!」